日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
在日は知っている
以前、懇意にしていた在日韓国人家族と話していたとき、日本の戦争責任について話が出ました。私が、

「在日韓国・朝鮮人は日本で差別を受けていると言うが、そろそろその理由を真剣に考えるべきだ。このまま嘘を通し、特権を利用して日本人に負担を強いれば、日本人からも韓国人からも馬鹿にされて相手にされなくなる」

と言いますと、お決まりの強制連行や慰安婦問題を主張し、責任は日本にあると言います。

しかし、旦那さんの方は、在日が主張するこれらの問題が嘘であることを知っていました。

「強制連行され、戦後帰国しなかった朝鮮人の人数から考えても、今ほど在日人口が増加するわけがない。戦後帰国した者も、日本で金を稼ぎたかったから、身の安全を確保したかったから、密入国し、混乱を利用して土地を盗んだのである。現に、私の父親もその一人である」

40歳代の彼は、辛うじて本当のことを知っている世代なのかも知れません。

彼の奥さんは彼より少し年下ですが、そのときまで在日社会での洗脳教育のまま、自分たちが苦労しているのは、日本人が無理矢理連れて来て、差別をしているからだと信じており、夫の発言にひどく驚いていました。

私が心配なのは、私たち日本人がしっかり学び、真実を明らかにしていく努力を続けなければ、嘘を言っている彼ら自身が、それを嘘だと分からなくなってしまい、彼らの嘘が日本を貶める歴史事実になってしまう可能性があるということです。

私はこれまでに、多くの韓国人、北朝鮮人、在日韓国人らと交流がありましたが、彼らは悉く約束を守らなかったり、問題を暴力で解決しようとしたり、人の物を盗んだり、ということがありました。

この点では、私は彼らを馬鹿にしますし、嫌いますし、尊敬に値しないと考えています。決して、「○○人だから」という理由で嫌ったり、馬鹿にしているわけではありません。

そしてこれが、大多数の日本人の考え方であり、「差別されている」と主張する彼らは勘違いをしている(または意図的に利用している)と思います。

首相を初め、現在の日本の政治家は、保身・利益のために意図的なのか、無知なのか分かりませんが、日本の国益・日本人の安全を守る政治とは反対の方向に進もうとしています。

私たち庶民が、積極的に学び、事実を明らかにして、外に対して主張すべきは主張しなければ、私たちの日本が消滅してしまうところまで来ていると思います。






皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 (別冊宝島)別冊宝島『嫌韓流の真実! ザ・在日特権~朝鮮人タブーのルーツから、民族団体の圧力事件、在日文化人の世渡りまで!~』 (別冊宝島)
(2006/05/23)
野村 旗守宮島 理

商品詳細を見る


韓国:倫理崩壊1998‐2008―社会を蝕む集団利己主義の実情韓国:倫理崩壊1998‐2008―社会を蝕む集団利己主義の実情
(2008/06)
呉 善花

商品詳細を見る


日本の植民地の真実日本の植民地の真実
(2003/10/31)
黄 文雄

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


Keep Sea of Japan
http://blog.livedoor.jp/save_sea_of_japan/


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

日本に帰化韓国人男性 海自施設で不可解行動
怒りと失望、不安でいっぱいになるニュースです。

入隊する隊員の背景調査は出来るものの、その後の個人の思想や交際については確認が難しいのですから、自衛隊内外での「まともな」教育の実施と、情報管理の徹底を早急に行って欲しいものです。

政治の腐敗があっても、日本国内で政治家と企業の間で金銭が回るのは、時間がかかっても私たちの手で改善することは可能です。

しかし政治的・経済的に外国政府と癒着してしまうと、誤りに気付いた後も、私たち日本人の意思で元に戻すことが困難になることを考えるべきでしょう。


日本に帰化韓国人男性 海自施設で不可解行動
(産経ニュース 平成21年6月9日より)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090609/plc0906090121000-n1.htm

(引用開始)
防衛省の関連施設の隣接地が韓国資本に買収されるなどしている長崎県対馬市で、日本に帰化した韓国人男性が、10年以上にわたって海上自衛隊対馬防備隊本部(同市美津島町竹敷)など自衛隊関連施設に出入りし、幹部自衛官らと深い付き合いをしていたことが防衛省OBらへの取材で分かった。男性は、施設内のホワイトボードに記載された演習日程や人数、人員配置などを書き写しているところを何度も目撃されており、管理体制の甘さとともに、防衛情報が外部に漏れていた可能性が高い-と指摘する声も出ている。

この男性は年齢60歳前後で、両親が韓国人。本人は対馬市で日本に帰化したとされる。妻は、在日本大韓民国民団対馬島地方本部の事務局長。

男性は20年ほど前、海上自衛隊員とその家族を支援する民間組織を設立。以来、対馬に入港する護衛艦の艦長や対馬防備隊本部に勤務する自衛官らと接触、4、5年前まで、記念植樹を行ったり、年に数回、男性の山小屋や経営する焼き肉店で自衛官や地元の警察官らと懇親会を開いていた。

だが、防衛省OBら複数の関係者の証言を総合すると、男性は海自幹部らと親しくなった後、支援組織の会長として防備隊本部に顔を出しながら、不可解な行動をとっていたことが分かった。

防備隊本部は、上対馬警備所と下対馬警備所が収集する情報、特に対馬海峡や朝鮮海峡を航行する潜水艦の動向などをチェック、分析する重要な施設で、対馬市民でも自由に出入りはできない。

ところが、ある防衛省OBによると、男性は防備隊本部にフリーパスで出入りするたびに、総務部入り口のホワイトボードに書かれている業務予定や護衛艦の入港予定などを書き写していた。平成17年ごろには、週に1回は顔を出していたため、重要な記載があるときは、幕を張るように指示が出されたという。

別の関係者によると、男性は、人員の配置や防衛力など海自の内部情報について、具体的な部分まで詳細に熟知していたという。
(引用終了)





皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


対馬が危ない―対馬を席巻する韓国資本対馬が危ない―対馬を席巻する韓国資本
(2009/02)
宮本 雅史

商品詳細を見る



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

韓国・北朝鮮の空軍(動画)
韓国空軍の映像では、演習風景、戦闘機、管制室、地対空ミサイルなども見られます。

北朝鮮の方は、いつの映像なのか分かりませんが、ほのぼのする歌と映像です。


韓国空軍



北朝鮮空軍



皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


本当はどうなの?今の北朝鮮 (中経の文庫)本当はどうなの?今の北朝鮮 (中経の文庫)
(2008/11/24)
鄭 銀淑

商品詳細を見る



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。