日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社長の社員教育に期待する
先日は警察官OBと話す機会を得て、国内警備のことや警察の内部教育などについてお話を伺うことが出来ました。

警察官に限らず公務員全体が住民とのトラブルを恐れ、事勿れ主義になっていることはおかしい、と氏は訴えておられました。

そのような考え方の仲間も少なくないとのことですが、言っても無駄なので誰も何も言わなくなってしまった、と嘆いておられましたね。

自衛官警察官という上下関係がはっきりしている社会では、比較的内部で自分の思いを伝えやすい雰囲気はあるようですが、それでも退官した氏から見れば、20代の新人は「同じ国の人間と思えない」ほど考え方が違うと、いつも驚くそうです。

勿論、若者の文化にも優れた部分もあるでしょうから、頭から全否定するのではなく、我々世代も柔らかい頭で吸収しなくてはなりませんね。

ベテランも若手も、志を持つ誠実な公務員はたくさんいると信じています。

しかしお話を伺いながら考えたのは、身分が保障された公務員という社会から、日本の温かい人情や伝統的な考え方を復活させることは不可能ではないか、ということでした。

決められた仕事をこなしておけば、周囲に気を使わなくても解雇されることはありませんし、役所や勤務地内の活発な組合活動に接触していれば、義務よりも権利を要求するようになり、思考停止状態になり易い環境だと考えられます。

結局は、一部公務員も政治家と同じく、組織の既得権益と個人的利益しか見えなくなってしまい、「間接的・婉曲的に」「日本人の手によって」日本を分裂させようと意図する外国勢力を助ける動きをしていることに気付かないのでしょうか。

そうであれば、公を信頼して期待するよりも、人事や給与で社長の影響力が強く及ぶ民間企業において教育(文化の伝達)を強化した方が、早く私たち日本人の思想を改善出来るのではないかと思います。

多くの会社社長は、営業強化や組織の団結のために、古今東西の思想や偉人伝を学んでいます。

これからはその中に、将来の日本のために私たちが知っておかなければならない歴史や伝統文化のことも少し加えて貰い、社員が会社で自然に吸収出来るような経営をして頂けると良いのではないかと考えています。





皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)
(2009/07/04)
島袋 修

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。