日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、読んでいる本6冊
最近は自衛隊警察関係者と直接お話することも多く、貴重な情報と人脈を得る機会に恵まれているのですが、中々本を読む時間を確保出来ていません。

本日は、現在並行して読んでいる本を数冊ご紹介します。

まず、この数年一番関心を持っているため、特に力を入れている分野、情報関係の本です。
過去に情報分野に関わったOBが体験を記したものや、基礎知識をまとめたものは数多く出版されていますが、これは一味違う内容で勉強になります。

自衛隊秘密諜報機関―青桐の戦士と呼ばれて自衛隊秘密諜報機関―青桐の戦士と呼ばれて
(2009/06)
阿尾 博政

商品詳細を見る


陸軍中野学校に関する書籍は多くありますが、分量は多いもののこれが一番読み易く、まとまっていると思います。
ここで基礎知識を入れて他の本を読むと、理解が進むと思いますよ。

秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)秘録・陸軍中野学校 (新潮文庫)
(2003/07)
畠山 清行

商品詳細を見る



これまでは軍隊・自衛隊の情報分野が多かったのですが、最近は公安警察関係にも目を向けるようにしています。
自衛隊よりも警察の情報活動の方が、我々に身近な問題が多いですから興味深いですね。

新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)新装版 公安警察スパイ養成所 (宝島SUGOI文庫)
(2009/07/04)
島袋 修

商品詳細を見る



この「孫子」は既に数回読んでいる本ですが、最近のウイグル暴動など、中国の行動を理解するのにヒントが多いと思い、再度目を通しています。
企業経営者で「孫子」を学ぶ方は多いですが、彼らがそれを国のレベルまで広げて考え、日本の国益を考えるようになれば、日本は短期間に国力を向上させることが出来ると思います。

[新訳]孫子―ポスト冷戦時代を勝ち抜く13篇の古典兵法[新訳]孫子―ポスト冷戦時代を勝ち抜く13篇の古典兵法
(2008/03/25)
兵頭 二十八

商品詳細を見る



他の本に出て来た軍人について復習するため、簡易事典的によく開く本です。
文庫版になって安く、小さくなったので、携帯にも便利です。
戦争漫画を読む方にも役立つと思いますよ。

太平洋戦争秘録 勇壮!日本陸軍指揮官列伝 (宝島SUGOI文庫)太平洋戦争秘録 勇壮!日本陸軍指揮官列伝 (宝島SUGOI文庫)
(2009/07/04)
別冊宝島編集部

商品詳細を見る



私は以前、満州の吉林省で中国語を勉強したのですが、来月早々に大連に出張に行くことが決まり、10年ほど前に読んだこの本を引っ張り出して読み直しています。
仕事の合間に、歴史的な場所にも行ければと期待しています。

大連ダンスホールの夜 (中公文庫)大連ダンスホールの夜 (中公文庫)
(1998/05)
松原 一枝

商品詳細を見る



皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。