日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国防に関係する組織の活動
防衛省所管の特例民法法人というのは、22法人(社団法人7、財団法人15)もあるそうですね。
下記防衛省のサイトに、設立目的や主な事業が出ていますので、ご覧下さい。

防衛省所管特例民法法人一覧
http://www.mod.go.jp/j/info/koeki/ichiran/index.htm


私もこの中の「隊友会」に属しているのですが、年に数回、現職自衛官との交流を除けば、一部会員のためだけに活動をしているような感じで、防衛意識の向上・普及にはあまり役立てていないのではないかと感じています。

地域によっても活動は随分異なるようで、毎月積極的に活動している地域もあれば、年に数回、飲み会を開くだけのところもあるみたいです。

また、上記一覧にあるその他の法人も、中にはあまり積極的に対外活動をしていないものもあるようですが、少しでも一般向けにセミナーを開いたり、情報提供をして欲しいと考えています。

と言うのも、原則的には、現職自衛官や防衛省職員の方は、民間組織の有料セミナーに参加出来ないことが多く、現在の実務現場を当事者から直接聞く機会が殆ど無いからです。

政治家、元自衛官、大学教授、ジャーナリストなどの講演には、面白く、深い話や、国際情勢を広く分析した予言的な話も多いものの、可能な範囲で現場担当者の話を直接聞きたいという国民は多いと思います。

私も少し前に、自衛隊の現職高級幹部(陸将補)の講演を聞く機会が隊友会でありました。

しかしこれは隊友会会員という、基本的に自衛隊OBのみが参加出来るもので、有料でも聞きたい人は多いだろうと考えながら聴講しました。

政策や思想が異なっても、自分たちの国を守ることについては、私たちは共通の認識を持つべきだと思います。

これら防衛省関連法人が内部でも外部でも活発に活動し、現職の方に接する機会を提供することは、私たちがこの「共通の認識」を持つために役立つと考えますが如何でしょうか・・?

積極的に有意義な活動を続ければ、誰も天下りや税金の無駄遣いなどと批判はしないと思います。








皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



上坂冬子の老いの一喝上坂冬子の老いの一喝
(2009/05)
上坂 冬子

商品詳細を見る


防衛維新―新たな安全保障戦略の確立に向けて防衛維新―新たな安全保障戦略の確立に向けて
(2009/07)
久間 章生

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。