日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
収穫の多かった富士演習視察
先週末、陸上自衛隊の東富士演習場で行われた総合火力演習の視察に行って来ました。

完全な一般公開は8月30日(日)だけで、私が視察した29日(土)は教育演習であり、若手自衛官らが研修目的で訪れていました。
たくさんの若い自衛官の姿を見て、私も負けていられない!と気分が盛り上がってしまいました。

教育演習とはいえ、一般入場者もたくさん参加しており、土産物売り場も大変な盛況でしたよ。

富士総火演1

今回私は、自衛官募集相談員として研修させて頂いたのですが、実に多くの収穫があり、充実した研修旅行になりました。

まず、演習が素晴らしかったこと。

約20年前の自衛官時代に一度見たことがありましたが、爆音・爆風の凄まじさに驚き、隊員の訓練状況にも感心しました。

次に、現地までご同行下さった地方協力本部の隊員の中に、私の6期先輩があったことも嬉しいことでした。

私が入隊したコースは採用人数が極端に少なく、これまで先輩・同期・後輩に出会う機会は殆ど無かっただけに、懐かしく当時の思い出話に花が咲きました。
そして彼との話で、やはり地方協力本部に、私の1期後輩が勤務していることも分かりました。
近々、集まりたいと考えています。

それから、一緒に研修に行ったメンバーの中に、元関東軍将校で、シベリア抑留から帰還した方がおり、その方から戦争当時の経験をお話し頂いたことも、大変勉強になりました。

私は留学・仕事で中国に住んでいたこともあり、現在でもよく中国に出張していますが、そのきっかけになったのは、満州国に興味を持ったからであり、正にその時代にその場所で軍人として勤務なさっていた方と出会えたことに感激しています。

当然のことで言うまでもないことですが、やはり「動けば出会いがあり、多くを学べる」ことを実感した研修となりました。

自衛隊・自衛官に対する理解も深まりますし、総合火力演習に限らず、近くで行われる自衛隊のイベントには、皆さんにも是非参加して頂きたいと考えています。








皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


投降せず栄光の帰還―関東軍終戦秘話投降せず栄光の帰還―関東軍終戦秘話
(1999/09)
鈴木 武四郎

商品詳細を見る


大東亜戦争と現在の日本―陸軍最後の青年将校、傘寿の想い大東亜戦争と現在の日本―陸軍最後の青年将校、傘寿の想い
(2006/10)
藤本 一孝

商品詳細を見る


謀略の昭和裏面史―特務機関&右翼人脈と戦後の未解決事件! (別冊宝島Real (070))謀略の昭和裏面史―特務機関&右翼人脈と戦後の未解決事件! (別冊宝島Real (070))
(2006/02)
黒井 文太郎

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。