日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歴史を知る意味
私が読んでいるメルマガに、

「人間力・仕事力が確実にアップする 致知出版社メルマガ」
http://www.mag2.com/m/0000192277.html


があり、先日このメルマガで、「小林秀雄から教わった歴史を知る意味」というコラムを読みました。

当たり前のことなのですが、現在の私たちが忘れつつあることのような気がしますので、ここで紹介します。

間もなく発足する新政権は、この大切な考え方を破壊する思想を持っているように見えますので、大変不安です。

☆占部賢志先生&松浦光修先生の対談記事より☆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
占部: 私は学生時代以来、一所懸命読んだのは小林秀雄さん
     の本でね、
     ある時宮崎の延岡に講演にいらっしゃるというので、
     会いに行ったことがあるんです。

    その時、私はどうしても質問したいことがあったんです。

    「歴史を知ることは自分を知ることだ」と
    小林さんはよくおっしゃっていたが、
    その意味が当時の私にはよく分からなかったんですね。

    夜の11時近くなっていたでしょうか。
    小林さんが地元の名士と一緒にホテルへ戻ってこられた
    ところへ「質問があります」と割って入っていったんです。


松浦: それで、小林秀雄さんはなんと答えましたか。


占部: 「君を産んでくれたのは誰か。君のおっかさんだろう。
  おっかさんのいいところも悪いところも
     みんな君の中に流れている。

    そうすると、おっかさんを大事にすることは、
    君自身を大事にすることだ。

    君が君自身を大事にすることは、
    おっかさんを大事にすることになる。
    歴史だって同じじゃないか。

    日本の二千年の歴史は君のこの身体に流れている。
    君が君自身を大事にすることは、歴史を大事にすることだ。
    だから歴史を知ることは、自己を知ることに繋がるんだ」
    ということを噛み砕いてお話しくださった。

   考えてみればその通りで、日本の古典には
  「鏡もの」というのがありますね。
  『大鏡』や『吾妻鏡』。あれは全部歴史書です。

   日本人は古来、歴史を鏡だと思っていたんですね。
   歴史を学べば本当の自分の姿が見えてくるんです。

              『致知』2004年12月号
               特集テーマ「徳をつくる」より








皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



清貧の思想 (文春文庫)清貧の思想 (文春文庫)
(1996/11)
中野 孝次

商品詳細を見る


人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 (新潮新書)人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 (新潮新書)
(2007/04)
新潮社

商品詳細を見る


福沢諭吉 国を支えて国を頼らず福沢諭吉 国を支えて国を頼らず
(2007/03/30)
北 康利

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。