日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
至急、情報力強化を望む!
日本はその経済規模や、周辺からの脅威の多さから考えると、明らかに軍事的な国防力が弱く、国の方向を考える政治家の皆さんには、より真剣に考えて頂きたいところです。

間もなく発足する新政権では、戦闘機や潜水艦などの装備を強化することが更に難しくなりそうなりそうです。

少し考えれば分かることなのですが、装備を充実出来ない場合には、脅威をより明確に認識するために、情報を収集・分析して軍事力を補い、効率的に国を守る手段を採るしかありません。

相手が何を考え、どのように動くつもりかが正確に分かっていれば、少ない軍事力でそれを防ぐことが可能になりますし、軍事的行動を起こす前に、外交交渉で解決することも可能になります。

しかし現在の日本は、自衛隊内部にも簡単に外国人が入ることが出来、スパイ防止法も無いために外国の情報員が自由に活動出来ることになっています。

法律が無いのなら、せめて現場の公務員(防衛省職員や警察庁職員など)が意識を高めて、イベントや集会の際には彼らの情報活動を妨げるよう行動して欲しいところですが、残念ながらそのような職員は少数派のようです。

自衛隊の安全保障研究が、量においても質においても、民間研究者に及ばない(「自衛隊が世界一弱い38の理由」文藝春秋)というのも、非常に不安を覚えます。

総選挙が終わり、新政権への期待を抱いていた人々も、私たちの日本の安全を守るという面においては、そろそろ不安に思い始めているのではないでしょうか。

国民のレベル以上の政治家は中々出て来ないわけですから、まずは私たち自身が、文化を大切にし、歴史から学び、基本的な軍事知識を身につけることが必要ですね。






皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


自衛隊が世界一弱い38の理由―元エース潜水艦長の告発自衛隊が世界一弱い38の理由―元エース潜水艦長の告発
(2009/05)
中村 秀樹

商品詳細を見る


自衛隊秘密諜報機関―青桐の戦士と呼ばれて自衛隊秘密諜報機関―青桐の戦士と呼ばれて
(2009/06)
阿尾 博政

商品詳細を見る


モサド―暗躍と抗争の六十年史 (新潮選書)モサド―暗躍と抗争の六十年史 (新潮選書)
(2009/06)
小谷 賢

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。