日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAPIO(2009年9月30日号)
まだ本屋にあるかどうか不安ではあるものの、SAPIOの9月30日号は是非読んで下さい。

SAPIO (サピオ) 2009年 9/30号 [雑誌]SAPIO (サピオ) 2009年 9/30号 [雑誌]
(2009/09/09)
不明

商品詳細を見る


年のせいかも知れませんが、私は皇后陛下のエピソードを読むと、いつも涙が出そうになります。

私たちは普段、特別に皇室を意識することは無くとも、日本には、これほど国民の幸せを祈り続けて下さる方があることを、知っておくべきだと思います。

好奇心からか意地悪からか、面白おかしく書き立てられ、辛い思いをなさっても反論も出来ず、そのように自分を傷つける人々のためにもお祈りになる皇室の方々。

連続性を否定されたり、明治以前の天皇と昭和天皇、今上天皇の性質の変化を批判されたりと、学者と呼ばれる人々による誤った洗脳によって、私たちの認識を惑わされることも多いのですが、実際には遥か昔から、「祭祀王」天皇は人々の生活に浸透し、武士もその地位・尊厳を冒そうとはしなかったのですね。

政治的に右翼・左翼と分かれても、これほどの長期間に渡って私たちの意識、私たちの生活に浸透している天皇を否定することは難しいと思います。

「外国の評価」が大好きな政治家の皆さんも是非、海外で皇室がどのように評価されているかを勉強なさってみては如何でしょうか・・?

一方で、必要以上に意識が向き、その地位を利用されるようなときというのは、日本がひどく混乱していたり、危機が迫っていたりという状況でしょうから、これまでどおり、静かで、しかし強い存在として、私たちの心の中にあって頂きたいと考えています。







皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
(2009/06/04)
小林 よしのり

商品詳細を見る


皇后宮美智子さま 祈りの御歌皇后宮美智子さま 祈りの御歌
(2008/05/29)
竹本 忠雄

商品詳細を見る


白樺―天皇・皇后両陛下ご成婚50周年記念写真集白樺―天皇・皇后両陛下ご成婚50周年記念写真集
(2009/03)
主婦と生活社

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。