日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンケート途中経過(その2)
昨日に続き、もう一つのアンケートの途中経過として、これまで頂いたコメントの一部をご紹介します。

アンケート開始からまだ数日しか経っていませんが、100を超える投票を頂いております。今回の二つめの質問は、本事業のスタートに直接関わるものですので、実に参考になります。


質問:「安全保障を学ぶ専門雑誌を読みたいと思いますか?」
http://www.yoronchousa.net/vote/7400
(得票率は4月19日16:30現在の数字です。)

雑誌の概要:

・連載で、各分野の重要事項を、教科書的解説とともに、最近の事例に結びつけて理解を深め、今後の日本のとるべき方向性を示す。
例えば、海洋法(理論)→ 海賊問題(事例・判例)→日本政府・日本人の対策、など。
・退役自衛官のコラム、体験記(各種学校の教育、専門職種について、など)
・軍事ジャーナリストのコラム(時事的な話題)
・軍事・外交英語(海外シンクタンクの論文を読むキーワード、など)
・大学ゼミ、サークル訪問記事(活動紹介、おすすめの勉強法、など)
・海外保守系組織の紹介(シンクタンク、軍事サークル、など)
・インタビュー記事
・書籍紹介・書評
・一般投稿

この内容で読みたい:29.41%
内容がもっと良くなれば読みたい:14.71%
1,000円以下なら読みたい:22.55%
読みたいとは思わない:28.43%
白紙票:4.9%

1,000円以下なら読みたい: 30代 男性 近畿
うーん、専門学校の必然性がイマイチよくわかりません。
学校に行ってまで学ぼうとする意欲のある人は、安易な感情論や情報操作に流されたりしない程度の知識は少なからず持っていると思うんですけどね・・・
ただ、雑誌という安価な媒体での知識啓蒙には大いに意義があると思います。

内容がもっと良くなれば読みたい: 60代 男性 中国
軍事だけでなく防諜、諜報および地政学等幅広いものを期待する。

この内容で読みたい:60代 女性 中国
田母神論文は論外。本当の事知りたい。でもね、軍人は戦地へ行くと民間人は捨てられるんです。関東軍・731部隊・沖縄の問題。知らぬ顔して生きている。シベリアの寒さを知らないでしょう。気をつけることは条約なんて守られないということ。

内容がもっと良くなれば読みたい:50代 男性 北海道
各方面(非武装・九条信仰者も含めて)の有識者・一般人の意見などが集約していれば読んでもよいとは思う。

1,000円以下なら読みたい:30代 女性 関東
こういうものは日本が滅びないために必要です。中学・高校の授業に入れてもいいくらいだと思います。

内容がもっと良くなれば読みたい:50代 男性 近畿
もっと柔らかいタイトルで漫画仕立てなら親しみやすいと考える。安全保障と入ると「難しい、国のやること」として避けられる可能性が高い。
田母神氏、志方氏の話の内容はとっても分かりやすく聞きやすいが、講演前の垂れ幕、パンフレットなどに並ぶ文字が妨げとなってると思う。
この国を愛する国民は多いが、安全保障まで考えるにはもう1段階中間のきっかけを考えるべき。

(白紙票): 30代 女性 中部
いまさら 紙媒体?

読みたいとは思わない:30代 男性 中部
偏ったコラムは、洗脳するための文面になると思う。

この内容で読みたい:50代 男性 中部
いちから学ぶのは良い事と思う、良いことも悪いことも知る必要がある。

この内容で読みたい: 30代 男性 中国
自衛官や他国兵士のインタビューなどは興味がある反面、さわやかに「がんばっています」「やりがいがある」などと書いてあるものが多い。制服を着る職業は、憧れの対象となることは多いが、それでは読者は「ああかっこいいな」で終わってしまうことが多い。そういった精神論的な話はいくらでも脚色可能なので意味がないと思う。
軍隊というのは門兵から飯炊き、運転手に整備員、土木にパイロット、管制官に医師に駐在武官・・・。一つの社会を構成している稀な集団だと思います。そういった組織の中の教育訓練の実態やスキルなど、ハッとする意外な職種の紹介などを知る機会があれば興味を持てます。

内容がもっと良くなれば読みたい:30代 男性 北海道
日本転覆を望む中国、韓国、北朝鮮という特亜がある以上、日本は真剣にアメリカ頼りでない国防を日本人が真剣に考えるのに、専門誌は必要だと思います。

この内容で読みたい:40代 男性 関東
日本では保守を標榜している人でも日本の国益を意識せず、結果として外国に利する発言を行う人がいるが、海外では保守は勿論、革新系でさえも基本的には安全保障といった観点では国益重視が当たり前である様に思う。
したがって、海外保守系組織の紹介については個々の組織は基本的に所属する国の国益に合致した対応しかしない可能性を考慮したうえで、紹介するのであれば有益な情報となると思う。

この内容で読みたい:30代 男性 中部
こういった当たり前の活動が疎外されてきた要因・・・サヨク、在日、マスコミの実態の解説(実質、工作員を野放しにしているに等しい)も希望します。

この内容で読みたい:20代 女性 関東
この内容で1000円以下は無理でしょう。創刊号が出れば買いますよ。あとは内容次第。

この内容で読みたい:20代 男性 九州
実際に販売するなら買ってみたい。


投票およびコメントは、こちらからお願いします。
「安全保障を学ぶ専門雑誌を読みたいと思いますか?」
http://www.yoronchousa.net/vote/7400



MAMOR (マモル) 2009年 05月号 [雑誌]MAMOR (マモル) 2009年 05月号 [雑誌]
(2009/03/21)
不明

商品詳細を見る



スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。