日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主主義下の「軍人」のあり方
田母神前空幕長の論文問題について、私は日本に国防議論を巻き起こしたことについては評価するものの、彼の言動自体には、必ずしも100%賛成するものではありません。

平成21年4月16日付の新聞「朝雲」に、興味深いコラムがありましたので、ご紹介します。

(引用始め)
朝雲寸言

4月7日付読売新聞に、元陸上自衛隊西部方面総監の村松栄一氏の寄稿が掲載された。その中で氏は「田母神論文」について、大きく二つの点をあげて批判している。

第一に、田母神氏が「日本が侵略などしたことのない『良い国』であることを否定すれば、自衛官が国防に命をかけることはできない」と主張するのに対して、それでは、歴史の評価が定まるまで国防ができないことになる、と批判する。

さらに、今日の日本は道徳が退廃し、守るに値する「良い国」でないと思えば国防は成り立たないと述べ、国防の根源は「歴史」ではなく、自らの国は自らで守るという民主主義の原理だと説く。

かつて、自衛隊反対の相手に向かって、「自衛隊反対を含めて国民の自由を守るのが自衛隊だ」という自衛官の声を聞いたことがある。競争万能、格差社会の風潮の中で、我々は、批判者を敵視する善悪二元論に陥っていないだろうか。反対者も国民である以上、守るのは自衛隊の任務だ。

村松氏があげる第二の点は、組織のトップが進んでルールに反し自説を展開したことだ。氏は組織人たる以上発言に制約があるのは当然で、自由に発言できないのは自衛官だけではない、と言う。

陸士59期出身の村松氏の所論には、民主主義下の軍人の根本的な人生観が見て取れる。政府は、田母神問題に関し「ルール違反」のみを重視しているが、「軍人」のあり方を考える必要はないのか。
(引用終わり)

※ 参考 ※
朝雲新聞社:http://www.asagumo-news.com/

皆さんは、如何お考えでしょうか?

殆どの部分が読売新聞「論点」の要約で、朝雲新聞独自のコメントは最後の段落だけです。

田母神論文問題において、論文中の歴史認識についての是非や、在職中と退官後の言動を一緒にした賛否両論がありますが、村松栄一氏のコメントで、すっきりする方も多いのではないでしょうか。

田母神氏の行動は、確かに軽率だったと思います。
しかしその根本の原因は、ここまで国防について対策をとらなかった政治家にあることは間違いありません。


皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ田母神塾―これが誇りある日本の教科書だ
(2009/02)
田母神 俊雄

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。