日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉田茂首相の言葉
有事の際、真っ先に戦場に行かなければならない自衛官は、最も戦争を避けたいと考えています。

しかし一部の心ない人々は、彼らを好戦的であると言い、その存在すら否定しようとしています。

昭和32年2月、防衛大学校の第一回卒業式で吉田茂首相は、次のように言いました。

「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。

しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。

言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ。 どうか、耐えてもらいたい」

自衛隊は大きな組織ですから、色々な人が勤務しており、その点は一般の会社と何ら変わりません。優れた人材もそうでない人もあり、時には間違いを犯す人もいます。

そのような悪い点だけをことさら取り上げて、自衛隊の存在そのものを否定する短絡的な思考には、陥りたくないものですね。

常識でものを考え、基本的な知識さえあれば、私たちのために日々黙々と訓練している自衛官の皆さんを、自然に尊敬出来ると思います。


皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


自衛隊はどこまで強いのか (講談社プラスアルファ新書)自衛隊はどこまで強いのか (講談社プラスアルファ新書)
(2009/03/19)
潮 匡人田母神 俊雄

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
せめて漁船とか貨物船に特攻成功されないように訓練して欲しいもんですね
2009/10/28(水) 23:06:52 | URL | ERR #H0fDiwxQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。