日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球規模の環境変化と安全・安心対策
(財)平和・安全保障研究所主催のシンポジウムが行われますのでご紹介します。

メキシコ発の豚インフルエンザ被害が拡大する中、タイムリーなテーマであると同時に、武力一辺倒になりがちな安全保障議論を、異なった視点で討論するシンポジウムですから、大変有意義なものになると思います。

日本は国防上・人道上、どのような対策をとり、国際協調を図るのかを考えるヒントになると思われます。

興味のある方は、是非ご参加下さい。


地球規模の環境変化と安全・安心対策
-あなたの自治体の即応態勢はできていますか?-

日時:平成21年7月8日(水)13:00~17:00
会場:グランドヒル市ヶ谷
参加費:3,000円(学生1,000円)

内容:

基調講演「地球規模の環境変化安全保障
落合浩太郎氏(東京工科大学准教授)

討論会
司会:落合浩太郎氏(東京工科大学准教授)

発題:
「地球規模の環境変化と大規模災害」
神保謙氏(慶應義塾大学准教授)

「感染症被害の実態と医療対策」
四ノ宮成祥氏(防衛医科大学校教授)

「感染症の拡大と安全保障
武田康裕氏(防衛大学校教授)

詳細・参加申込みはこちらからご確認下さい。
http://www.rips.or.jp/from_rips/pdf/brochure.pdf



皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


生物兵器と化学兵器―種類・威力・防御法 (中公新書)生物兵器と化学兵器―種類・威力・防御法 (中公新書)
(2003/12)
井上 尚英

商品詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。