日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
航空自衛隊のスクランブル状況(平成20年度)
冷戦時代に比べると、航空自衛隊の緊急発進について話題になることが減ったように感じます。

以前から「空からはソ連、海からは中国」というのがパターンでしたが、中国はここ数年、海からも空からも日本に近づき、自衛隊の能力を含めた各種調査を実施しています。

近い将来の国力という点からは、日本にとっての脅威は中国ですので、個人的には日本はロシアと良い関係を作った方が安全だと考えています。

丁度、プーチン首相も来日したことですし、日本のマスコミは取るに足らない民主党の問題ばかり大々的に取り上げて国民を惑わすことを止めて、外交・防衛の問題を真剣に考える材料を提供するべきだと思います。

但し、プーチン首相の権力も以前ほど強大ではないと考えられますから、日本政府にはうまく進めて貰いたいですね。


以下は朝雲(平成21年4月30日付)より引用
http://www.asagumo-news.com/

統合幕僚監部は4月23日、航空自衛隊が平成20年度に行った緊急発進(スクランブル)の実施状況を発表した。それによると20年度の緊急発進回数は237回で、19年度の307回に比べ70回、約23%減少した。対領空侵犯措置任務を開始した昭和33年度から平成20年度末までの緊急発進の累計は2万773回。20年度の領空侵犯はなかった。任務開始以来の領空侵犯は計34件。

対象機の国籍別発進回数は推定を含め、対ロシア機が193回(前年度253回)と全体の約81%を占めて例年通り最多、次いで対中国機が31回(同43回)と13%を占め、対台湾機が7回(同3回)、米軍機など「その他」が6回(同8回)。「その他」の内訳は推定を含め対米軍機が4回、韓国の対民間機が2回だった。

方面隊別の発進回数は北空121回(前年度173回)、中空46回(同54回)、西空28回(同36回)、南混団42回(同44回)で、各方面隊とも軒並み減少した。

折木統幕長は同日の記者会見で、「引き続きわが国周辺地域の警戒監視について、万全の体制を作り上げていきたい」と述べた。

統幕では「昨年に比べて回数は減少しているものの、全体的、長期的には増加傾向にある」としており、ロシア機の動向について「例年、日本海側の接近飛行のほうが太平洋側を南下して房総半島沖から伊豆諸島や八丈島方面を周回するいわゆる“東京急行”と呼ばれる偵察ルートよりも回数的には多いが、ここ数年の“東京急行”は冷戦時代の飛行パターンに比べ、伊豆諸島を経てさらに沖縄沿岸にまで飛行しているのが特徴」としている。

最近の“東京急行”と、日本海接近飛行の事例としては、いずれも領空侵犯には至らなかったものの、今年3月、露ツポレフTu142型長距離対潜哨戒機が北方領土から太平洋を南下して伊豆諸島南部から沖縄方面まで偵察した事例や、Tu95型爆撃機、イリューシンIL20型電子情報収集機も相次いで同月、日本海側上空をわが国領土を沿うように偵察飛行した事例などがある。

緊急発進は国籍不明機がわが国領空に接近したとき、戦闘機などを発進させて領空侵犯を未然に防ぐ任務行動で、昭和59年度の944回をピークに平成元年以降は減少、150~200回程度で推移していたが、16年度の141回以降は再び増加傾向に転じている。


皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


ロシア闇と魂の国家 (文春新書 623)ロシア闇と魂の国家 (文春新書 623)
(2008/04/17)
亀山 郁夫佐藤 優

商品詳細を見る



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。