日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外シンクタンクの記事を読もう
日本の新聞やテレビを見て、それに対して感情的に批判することは、時には必要なことかも知れませんが、多くの場合、保守派のイメージを悪くしてしまい、結果、日本を貶めようとする勢力の狙いどおりになってしまう危険性があります。

冷静・客観的に日本の情報を読むとともに、ぜひ皆さんに始めて頂きたいのが、海外の有力シンクタンクの記事を読むことです。

今、海外では重要課題として何が考えられているのか、それをどう論じているのか。
私たちがそれを知ることは、日本人が、政治家が、今後どう発言し、どのような行動をとることが有利になるのかを知る手段の一つです。

多くの場合、マスコミ等が翻訳した記事(の一部)を読む機会しかないと思いますが、間違った伝え方をすることも多いため、少しずつでも原文を読むことをお勧めします。

但し注意すべきは、海外の有名シンクタンクの記事だからといって、全てが「正しい」とは限りません。
彼らは(少なくとも表面上)こう考えている、という認識に留めるべきかと思います。

以下の、主だったシンクタンクのウェブサイトにアクセスしてみて下さい。

全部を読むのは大変ですが、毎日少しずつ単語を拾っていくだけでも、英語に対する抵抗が小さくなりますし、気になる記事をプリントアウトして、辞書を片手に読んでみるのも、学生時代に戻ったようで楽しいですよ。


(イギリス)
国政戦略研究所: http://www.iiss.org/
王立統合防衛安全保障研究所: http://www.rusi.org/

(アメリカ)
ランド研究所: http://www.rand.org/
海軍分析センター: http://www.cna.org/
戦略国際問題研究所: http://www.csis.org/
アジア太平洋安全保障研究センター: http://www.apcss.org/graphics/index.htm

(スイス)
チューリッヒ工科大学(国際安全保障政策): http://www.isn.ethz.ch/

(ロシア)
PIR Center: http://www.pircenter.org/index.php?id=1174

(ドイツ)
ドイツ外交政策協会付属研究所:http://en.dgap.org/

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。