日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「救う会」のブルーリボンバッジ
麻生首相や田母神前空幕長は、いつもスーツの襟にブルーリボンバッジを着けています。

私もスーツ着用時には必ず着けて外出していますが、このバッジは下記「救う会」で購入することが出来ます(500円/個)。

北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
http://www.sukuukai.jp/index.php

バッジを着けるだけで具体的に何か出来るというわけではない、と思うかも知れませんが、着用することによって、「日本人は怒っている」「この事実を忘れてはいない」、という主張を無言で表すことが出来ます。

国を守り、国民を守るということは、少数の優れた人材がいるだけで達成出来るものではなく、その他多くの国民の強い意思が必要です。特に、その強い意思を、毅然と、冷静に、静かに示すことが必要だと思います。

日本を貶めようとしている勢力から見れば、最も恐いのは私たち日本人が「団結」することです。

ブルーリボンバッジを着ける人が増えれば、そういった勢力に精神的な圧力を加えることが出来ますし、「救う会」のサポートも出来ます。

バッジを着けて、私たちの団結力を示しませんか?

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。