日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自衛官経験者の必要性(動画)
自衛官になるコースは、下のようにたくさんあります。
(→http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/index.html

・防衛工科学校生徒(陸上自衛隊のみ)
・2等陸海空士
・一般曹候補生
・看護学生(陸上自衛隊のみ)
・航空学生(海上・航空)
・防衛大学校
・防衛医科大学校
・幹部候補生
・医科・歯科幹部
・技術海上幹部・技術航空幹部
・技術海曹・技術空曹


この中でも、私が注目していると言いますか、受験者がもっと増えて欲しいと考えるのは、高校卒業から入隊する任期制の2等陸海空士と、防衛大学校学生のコースです。

任期制2士のコースはまず、募集人員が多いことから、多くの任期終了者を民間社会で活躍させることが出来るものであり、国民に「当たり前の」国防意識を持って貰うことに貢献します。

残念ながら試験に不合格だった人も、受験を通して現職自衛官から色々な話を聞く機会があり、これは今後の人生に大いに役立つものになります。

また、現在は自衛隊経験が無くても予備自衛官になれますが、いざ出動となれば、やはり自衛官経験者の方が役に立つのは当然です。

常時大量の隊員を確保出来ない日本の制度を考えれば、実戦時に動ける予備自衛官を増やすことが必要ですから、有事のことを考えても「自衛隊経験者」を増やすのに効率が良いコースです。

隊員にとっても、このコースは任期終了後の退職金が多いですし、体力・知力ともに鍛えられるので、充実した生活を送ることが出来、必ず将来に役立つ経験が出来ますね。


防衛大学校のコースでは、4年間の教育を終えて任官拒否をすると、税金泥棒と罵られることもあるのですが、日本全体にとっては、必ずしも悪いことではありません。

エリート官僚である国家Ⅰ種試験合格者が、海外の大学院で学位を取った後に民間企業に転職することに比べれば、全然税金の無駄ではない筈です。

一般企業では防衛大出身という学歴は採用に有利で、企業内でも幹部コースに乗ることが多いと思います。

日本に国防意識が希薄なのは、政治は勿論ですが、一般企業による目前の利益重視、伝統文化無視が大きな影響を及ぼしていると思われるので、企業の活動を左右する幹部社員として、まともな思想を持った防大卒業生が増えることは、日本にとって有益だと考えます。

欲を言えば、防大卒業生が公立学校の教師になれる道も作ると良いと思います。


実戦組織である自衛隊が精鋭であることは当然必要なことながら、間接的に日本を貶める組織が活発に活動している現在の日本社会には、自衛官経験者の強い身体と心が必要であり、私たち民間人に良い影響を及ぼしてくれると思います。











皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


教育改革は自衛隊式で教育改革は自衛隊式で
(2007/07/06)
松島悠佐

商品詳細を見る



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。