日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国防に関する国民の意識調査
現在販売中の雑誌「MAMOR(H.21年8月号)」に、国防に関する国民の意識調査が載っており、中々興味深い内容ですので、是非ご覧下さい。

MAMOR (マモル) 2009年 08月号 [雑誌]MAMOR (マモル) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/06/20)
不明

商品詳細を見る



以下は調査の一部ですが、自衛隊を含む国防というものを、日本人は単純に「知らない」、という印象を持ちました。

言い換えると、「知れば」確実に、もっと国防に関心を持ち、自衛隊に対する評価も上がり、国全体として力がつく、ということだと思います。

関心が低い主な理由は、日本が長期間戦争に巻き込まれておらず、国防をアメリカに任せている状態だからですが、それに加えて、学校とマスコミが歴史や国際情勢を国民に正しく教えていないことも大きな原因だと考えます。

多くの人々にとって、いきなり「国防」と言われても分からないのは当然で、分かりやすい日常生活にあてはめて説明するとか、日本がこのように備えなければならない理由(国際情勢)を明示することによって理解が進みます。

そうすれば、当たり前のことを当たり前と受け入れる体制が整いますし、大学を始めとした教育機関で、もっと安全保障の研究が進み、日本を守るための政策決定に役立つでしょう。


Q. もし、日本が戦争に巻き込まれたら、そのときあなたは国を守りますか?

Yes:38.7%
No:13%
わからない:48.3%

Q. いざという時、あなたはどうしますか?

自衛隊を支援する:49.6%
武力によらない抵抗をする:23%
一切抵抗しない:8.1%
自衛隊に参加して戦う:6.2%
ゲリラ的な抵抗をする:1.9%
わからない:10.1%
その他:1.1%

Q. 防衛問題に興味はありますか?

関心がある:64.7%
関心がない:34.4%
わからない:0.8%

Q. 身近な人が自衛隊員になることへの賛否

賛成:64.7%
反対:23.9%
その他:11.4%

Q. 日本に徴兵制が導入されたらどう思いますか?

絶対賛成:7%
やや賛成:22%
断固反対:7%
反対:35%
どちらでもない:22%
わからない:7%

Q. 他国からミサイルが日本に向けて発射されることがわかったとき、自衛隊は、その発射基地を、発射されるより先に攻撃してよいと思いますか?

Yes:53%
No:27%
わからない:20%

Q. 海外で国際平和協力活動中に、友好国がテロ攻撃にあった場合、自衛隊は、友好国を守るために、敵を攻撃してもいいと思いますか?

Yes:43%
No:33.3%
わからない:23.7%

Q. 自衛隊の防衛力について

増強した方がよい:14.1%
今の程度でよい:65.1%
縮小した方がよい:10.7%
わからない:5.0%

Q. あなたは自衛隊を信頼していますか?

Yes:62%
No:33%
その他:5%

Q. あなたは自衛隊に満足していますか?

Yes:52%
No:39%
その他:9%

Q. 自衛隊に対する印象

良い印象を持っている:80.9%
悪い印象を持っている:14.1%
わからない:5.0%

Q. 自衛隊の補給支援活動に関して、どう思いますか?

評価する:70.4%
評価しない:22.6%
わからない:7%

Q. 自衛隊の災害派遣、評価していますか?

成果をあげている:91.6%
成果をあげていない:5.4%
わからない:3%







皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


防衛ハンドブック〈平成21年版〉防衛ハンドブック〈平成21年版〉
(2009/03/31)
朝雲新聞社編集局

商品詳細を見る



にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。