日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の自殺が進行中(動画)
日本を取り囲む数々の危機について、気付いている政治家・官僚・大手企業も多いと思いますが、彼らは心のどこかで、

「そうは言っても、日本はいざとなったら大丈夫」

という、根拠の薄い、他力本願の過信があるのではないかと感じています。

自分の任期中または生存中に結果が出せない政策よりも、外国や特定企業から献金を受けて、その場しのぎをしている方が楽なのでしょうし、日本本来の主張を公にすれば、暴力によって排除される可能性があることも恐れているのでしょう。

100年後も国民の安全を確保し、世界に誇れる日本を作ろうと考え、そのために汗を流す気概ある政治家は見当たりません。


一方で私たち日本人は、「外国ではどうなのか?」と、大変熱心に勉強する国民性も持っています。

外国の福祉行政はどうなっているのか、人口当たりの政治家は何人なのか、移民はどうしているのか、等々。

しかしマスコミを含め大抵の場合は、自分の属する組織の掲げる政策に有利になるような細工をして発表しており、それは特定企業や外国政府に有利になる場合も少なくありません。

甚だしきは、私たちの税金から報酬を得ながら、外国での反日集会に参加し、日本政府を非難する議員までも存在します。

私たちは、日本の政治家が、私たちの努力、技術、経済力を使って、日本を貶めようとしている外国の援助をしていることに気付き、これに怒らなくてはなりません。

心ある議員が単発で行動したり、私たち一般庶民が活動をしたりしても、それらは一つ一つ脅しや暴力によって(そして時には公権力によって)潰される可能性が高いですが、その輪が広がり、皆が「日本を守る」という基本だけを共有出来れば、暴力や謀略で解決しようとする勢力は生きて行くことが出来なくなる筈です。






皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



櫻井よしこの憂国―論戦2009櫻井よしこの憂国―論戦2009
(2009/06/19)
櫻井よしこ

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。