日本の国力を向上させるために、私たち日本人が取るべき対策ならびに手段について学ぶ機会を、政治的に偏ることなく、長期安定的に提供する組織を設立する準備をしています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『大計なき国家・日本の末路』他
ここ数週間、家族が次々に体調を崩してしまい、中々思うように時間が使えませんでした。
私自身も、少し痩せてしまいましたが、これからまた、少しずつペースを取り戻して、活動を続けて行こうと考えています。

空き時間に読んでいた本を紹介します。

MAMOR (マモル) 2009年 11月号 [雑誌]MAMOR (マモル) 2009年 11月号 [雑誌]
(2009/09/19)
不明

商品詳細を見る


毎月読んでいる『MAMOR』、今月号の特集は「自衛官と結婚しようよ」という面白い企画です。
陸海空から数名ずつ、お相手募集をしているのですが、その中に私の2期後輩も出ており、驚きました。私は退職後19年間、彼とは会っていませんが、出身地も誕生日も同じということで、今でもよく覚えていました。思わぬところで現在の様子を知ることが出来ました。


びんぼう神様さまびんぼう神様さま
(2000/08)
高草 洋子

商品詳細を見る


書評メルマガで紹介されていたので読んでみました。
非常に薄い本で、すぐに読み終えることが出来ますが、経済的な豊かさだけでは駄目なこと、人に感謝すること、を考えさせられる本です。
単純なストーリーなので、幼い娘にも読み聞かせようと思います。


大計なき国家・日本の末路大計なき国家・日本の末路
(2009/09/08)
クライン 孝子

商品詳細を見る


著者とは電話でもお話ししたことがあり、彼女のはっきり意見を主張する姿勢が好きなので読んでいます(とはいえ彼女は、しっかり分析する前に意見を発することもあるので、時々的外れなコメントもありますけど・・)。
同じように戦争で負けた日本とドイツですが、その後の国の作り方、情報機関について、国民の意識など、大きく異なることがよく分かる本ですのでお勧めです。
多くの現職自衛官の方にも読まれているようですよ。






皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

遠交近攻
日本は長年、周辺国との関係に苦しんでいますが、政治的に日本を利用しようとしている彼らと真正面から友好関係を築こうとすることは、日本にとって効率が悪く、将来の危機を回避するための良い方法だとは思えません。

しかし、「言うことを聞かない相手を叩く」という手段はとれませんから、私たちは自らの能力を高めるとともに、彼らの近くの国や、彼らにとって大切な国との関係を強化することで、彼らを囲い込むという、日本にとって有利な方法も考える必要があるでしょう。

「気がつけば、周りはみんな日本の見方だった」という状況を作り出しておく必要があるのです。

言うまでもなく、日本が注意をしなければならないのは、主に中国・韓国・北朝鮮です。

中国の国際的地位が上がっている(ように見える)のは、中国市場でお金を儲けたい外国が御機嫌をとっているからであり、韓国が日本との領土問題を世界中で虚偽宣伝をしているのは、韓国という国の存在が世界では無視されるほど小さなものであるからです。

北朝鮮については、直接危険が及ぶ日本以外では、我々が思っているほど騒がれておらず、如何にして日本とアメリカから援助を得るかに苦しんでいる零細国家に過ぎません。

日本は一時的にでも、「敵の敵は味方」というしたたかさを持ち、日本に不利益をもたらす存在を減らすために、外からは彼らの周辺国との関係を強化し、内からは企業の撤退や取引停止、有力者へのロビイングなどをしても良いと考えます。

日本はもはや、孤立したくても出来ない、世界にとって重要な国ですから、もう少し国益を重視した強気の外交を展開するべきでしょう。






皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


中国人に学ぶ「謀略の技術」中国人に学ぶ「謀略の技術」
(2007/05/10)
福田 晃市

商品詳細を見る


宣伝謀略ビラで読む、日中・太平洋戦争―空を舞う紙の爆弾「伝単」図録宣伝謀略ビラで読む、日中・太平洋戦争―空を舞う紙の爆弾「伝単」図録
(2008/07)
一ノ瀬 俊也

商品詳細を見る


外交の戦略と志―前外務事務次官 谷内正太郎は語る外交の戦略と志―前外務事務次官 谷内正太郎は語る
(2009/04)
谷内 正太郎高橋 昌之

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

SAPIO(2009年9月30日号)
まだ本屋にあるかどうか不安ではあるものの、SAPIOの9月30日号は是非読んで下さい。

SAPIO (サピオ) 2009年 9/30号 [雑誌]SAPIO (サピオ) 2009年 9/30号 [雑誌]
(2009/09/09)
不明

商品詳細を見る


年のせいかも知れませんが、私は皇后陛下のエピソードを読むと、いつも涙が出そうになります。

私たちは普段、特別に皇室を意識することは無くとも、日本には、これほど国民の幸せを祈り続けて下さる方があることを、知っておくべきだと思います。

好奇心からか意地悪からか、面白おかしく書き立てられ、辛い思いをなさっても反論も出来ず、そのように自分を傷つける人々のためにもお祈りになる皇室の方々。

連続性を否定されたり、明治以前の天皇と昭和天皇、今上天皇の性質の変化を批判されたりと、学者と呼ばれる人々による誤った洗脳によって、私たちの認識を惑わされることも多いのですが、実際には遥か昔から、「祭祀王」天皇は人々の生活に浸透し、武士もその地位・尊厳を冒そうとはしなかったのですね。

政治的に右翼・左翼と分かれても、これほどの長期間に渡って私たちの意識、私たちの生活に浸透している天皇を否定することは難しいと思います。

「外国の評価」が大好きな政治家の皆さんも是非、海外で皇室がどのように評価されているかを勉強なさってみては如何でしょうか・・?

一方で、必要以上に意識が向き、その地位を利用されるようなときというのは、日本がひどく混乱していたり、危機が迫っていたりという状況でしょうから、これまでどおり、静かで、しかし強い存在として、私たちの心の中にあって頂きたいと考えています。







皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
(2009/06/04)
小林 よしのり

商品詳細を見る


皇后宮美智子さま 祈りの御歌皇后宮美智子さま 祈りの御歌
(2008/05/29)
竹本 忠雄

商品詳細を見る


白樺―天皇・皇后両陛下ご成婚50周年記念写真集白樺―天皇・皇后両陛下ご成婚50周年記念写真集
(2009/03)
主婦と生活社

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

「三十六計」を学ぶと中国が見える
時間を見つけては、以前に紹介した『兵法三十六計』(知的生きかた文庫)を繰り返し読んでいるところですが、これを読むと、日本に対する中国の言動が何を意味するのかが非常に分かり易く、皆さんにも是非ご覧頂きたいと考えています。

この本はとてもお安いですし、コンパクトにまとまっているので、暗記用に便利ですよ。

兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)
(2004/06)
守屋 洋

商品詳細を見る


例えば第十計「笑裏蔵刀」では、

文字どおり、友好的な態度で接近し、相手が警戒心を解いたところを見すまして、一挙に襲いかかる策略である。あくまでもにこやかな態度で接するのは、相手の警戒心をやわらげるための方便であることは言うまでもない。この方便が真に迫っているほど成功の確率が高くなる。逆に、この策略を仕掛けられた側から言えば、「笑い」のなかにどんな魂胆が秘められているのか、すばやく読みとって対応策を講じなければならない。そでなかったら、むざむざ敵の術中にはまってしまう。 (中略) 敵が笑顔を見せたり、うまい話をもちかけてくるのは、なんらかのねらいを秘めていると見なければならない。



第十三計「打草驚蛇」では、

「打草驚蛇」には、二つの意味がある。第一はさぐりを入れて相手の動きを察知する策略である。『孫子』の兵法は、「彼ヲ知リ己ヲ知レバ、百戦シテ殆ウカラズ」と語り、諜報活動の重要性を力説してやまないが、諜報活動によって知りうることはおのずから限度があって、こまかな部隊配置などについては情報を入手することがむずかしい。そこで必要になるのが、実際の作戦行動のなかで、相手の動きを知ることである。それにはまず偵察活動でさぐりを入れて相手の反応を見なければならない。これが第一の意味である。
第二は、蛇を打つかわりに草を打って蛇の状況を知ろうとするもので、一種の「いぶり出し」作戦という意味も含まれている。大物を検挙するのに、周辺の小物からじわじわと証拠を固めていく作戦などがこれにあたる。



第十四計「借屍還魂」では、

利用できるものは何でも利用して勢力の拡大をはかる、しぶとい策略である。もちろん利用の仕方は一様ではない。たとえば、
(1)自己防衛のための防波堤として利用する
(2)勢力拡大のための隠れ蓑として利用する
(3)地盤拡大のための踏み台として利用する
などをあげることができる。また、利用するための前提条件としては、相手は勢力が弱く、しかも利用価値をもっていることが必要である。相手に利用価値がなくなれば、乗っ取ってしまう。



私は仕事の関係で、実際に中国で中国人と接触する機会が多いので、このようなことを経験から感じていましたが、日本のマスコミを経由してしか情報が入らない人は、考える前提としてこのコンパクトな本から学ぶことは、大変有益だと思います。

また、私の個人的な経験では、中国でも工場労働者や田舎の庶民と接してもさほど感じませんが、企業経営者や幹部、政府関係者と接すると、実に見事に「三十六計」に述べられた方策を利用していることを感じることが出来ます。

よって、中国ビジネスに関係している方、政府関係者・自衛官の方々には、私たちの日本を守るために、より本格的に相手のやり方である「三十六計」を学ぶ必要があると考えます。







皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)
(2004/06)
守屋 洋

商品詳細を見る


リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
(2009/04)
守屋 洋

商品詳細を見る


中国人弁護士・馬(マ)さんの交渉術中国人弁護士・馬(マ)さんの交渉術
(2009/01/27)
馬 英華

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

至急、情報力強化を望む!
日本はその経済規模や、周辺からの脅威の多さから考えると、明らかに軍事的な国防力が弱く、国の方向を考える政治家の皆さんには、より真剣に考えて頂きたいところです。

間もなく発足する新政権では、戦闘機や潜水艦などの装備を強化することが更に難しくなりそうなりそうです。

少し考えれば分かることなのですが、装備を充実出来ない場合には、脅威をより明確に認識するために、情報を収集・分析して軍事力を補い、効率的に国を守る手段を採るしかありません。

相手が何を考え、どのように動くつもりかが正確に分かっていれば、少ない軍事力でそれを防ぐことが可能になりますし、軍事的行動を起こす前に、外交交渉で解決することも可能になります。

しかし現在の日本は、自衛隊内部にも簡単に外国人が入ることが出来、スパイ防止法も無いために外国の情報員が自由に活動出来ることになっています。

法律が無いのなら、せめて現場の公務員(防衛省職員や警察庁職員など)が意識を高めて、イベントや集会の際には彼らの情報活動を妨げるよう行動して欲しいところですが、残念ながらそのような職員は少数派のようです。

自衛隊の安全保障研究が、量においても質においても、民間研究者に及ばない(「自衛隊が世界一弱い38の理由」文藝春秋)というのも、非常に不安を覚えます。

総選挙が終わり、新政権への期待を抱いていた人々も、私たちの日本の安全を守るという面においては、そろそろ不安に思い始めているのではないでしょうか。

国民のレベル以上の政治家は中々出て来ないわけですから、まずは私たち自身が、文化を大切にし、歴史から学び、基本的な軍事知識を身につけることが必要ですね。






皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


自衛隊が世界一弱い38の理由―元エース潜水艦長の告発自衛隊が世界一弱い38の理由―元エース潜水艦長の告発
(2009/05)
中村 秀樹

商品詳細を見る


自衛隊秘密諜報機関―青桐の戦士と呼ばれて自衛隊秘密諜報機関―青桐の戦士と呼ばれて
(2009/06)
阿尾 博政

商品詳細を見る


モサド―暗躍と抗争の六十年史 (新潮選書)モサド―暗躍と抗争の六十年史 (新潮選書)
(2009/06)
小谷 賢

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

歴史を知る意味
私が読んでいるメルマガに、

「人間力・仕事力が確実にアップする 致知出版社メルマガ」
http://www.mag2.com/m/0000192277.html


があり、先日このメルマガで、「小林秀雄から教わった歴史を知る意味」というコラムを読みました。

当たり前のことなのですが、現在の私たちが忘れつつあることのような気がしますので、ここで紹介します。

間もなく発足する新政権は、この大切な考え方を破壊する思想を持っているように見えますので、大変不安です。

☆占部賢志先生&松浦光修先生の対談記事より☆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
占部: 私は学生時代以来、一所懸命読んだのは小林秀雄さん
     の本でね、
     ある時宮崎の延岡に講演にいらっしゃるというので、
     会いに行ったことがあるんです。

    その時、私はどうしても質問したいことがあったんです。

    「歴史を知ることは自分を知ることだ」と
    小林さんはよくおっしゃっていたが、
    その意味が当時の私にはよく分からなかったんですね。

    夜の11時近くなっていたでしょうか。
    小林さんが地元の名士と一緒にホテルへ戻ってこられた
    ところへ「質問があります」と割って入っていったんです。


松浦: それで、小林秀雄さんはなんと答えましたか。


占部: 「君を産んでくれたのは誰か。君のおっかさんだろう。
  おっかさんのいいところも悪いところも
     みんな君の中に流れている。

    そうすると、おっかさんを大事にすることは、
    君自身を大事にすることだ。

    君が君自身を大事にすることは、
    おっかさんを大事にすることになる。
    歴史だって同じじゃないか。

    日本の二千年の歴史は君のこの身体に流れている。
    君が君自身を大事にすることは、歴史を大事にすることだ。
    だから歴史を知ることは、自己を知ることに繋がるんだ」
    ということを噛み砕いてお話しくださった。

   考えてみればその通りで、日本の古典には
  「鏡もの」というのがありますね。
  『大鏡』や『吾妻鏡』。あれは全部歴史書です。

   日本人は古来、歴史を鏡だと思っていたんですね。
   歴史を学べば本当の自分の姿が見えてくるんです。

              『致知』2004年12月号
               特集テーマ「徳をつくる」より








皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



清貧の思想 (文春文庫)清貧の思想 (文春文庫)
(1996/11)
中野 孝次

商品詳細を見る


人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 (新潮新書)人生の鍛錬―小林秀雄の言葉 (新潮新書)
(2007/04)
新潮社

商品詳細を見る


福沢諭吉 国を支えて国を頼らず福沢諭吉 国を支えて国を頼らず
(2007/03/30)
北 康利

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

収穫の多かった富士演習視察
先週末、陸上自衛隊の東富士演習場で行われた総合火力演習の視察に行って来ました。

完全な一般公開は8月30日(日)だけで、私が視察した29日(土)は教育演習であり、若手自衛官らが研修目的で訪れていました。
たくさんの若い自衛官の姿を見て、私も負けていられない!と気分が盛り上がってしまいました。

教育演習とはいえ、一般入場者もたくさん参加しており、土産物売り場も大変な盛況でしたよ。

富士総火演1

今回私は、自衛官募集相談員として研修させて頂いたのですが、実に多くの収穫があり、充実した研修旅行になりました。

まず、演習が素晴らしかったこと。

約20年前の自衛官時代に一度見たことがありましたが、爆音・爆風の凄まじさに驚き、隊員の訓練状況にも感心しました。

次に、現地までご同行下さった地方協力本部の隊員の中に、私の6期先輩があったことも嬉しいことでした。

私が入隊したコースは採用人数が極端に少なく、これまで先輩・同期・後輩に出会う機会は殆ど無かっただけに、懐かしく当時の思い出話に花が咲きました。
そして彼との話で、やはり地方協力本部に、私の1期後輩が勤務していることも分かりました。
近々、集まりたいと考えています。

それから、一緒に研修に行ったメンバーの中に、元関東軍将校で、シベリア抑留から帰還した方がおり、その方から戦争当時の経験をお話し頂いたことも、大変勉強になりました。

私は留学・仕事で中国に住んでいたこともあり、現在でもよく中国に出張していますが、そのきっかけになったのは、満州国に興味を持ったからであり、正にその時代にその場所で軍人として勤務なさっていた方と出会えたことに感激しています。

当然のことで言うまでもないことですが、やはり「動けば出会いがあり、多くを学べる」ことを実感した研修となりました。

自衛隊・自衛官に対する理解も深まりますし、総合火力演習に限らず、近くで行われる自衛隊のイベントには、皆さんにも是非参加して頂きたいと考えています。








皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


投降せず栄光の帰還―関東軍終戦秘話投降せず栄光の帰還―関東軍終戦秘話
(1999/09)
鈴木 武四郎

商品詳細を見る


大東亜戦争と現在の日本―陸軍最後の青年将校、傘寿の想い大東亜戦争と現在の日本―陸軍最後の青年将校、傘寿の想い
(2006/10)
藤本 一孝

商品詳細を見る


謀略の昭和裏面史―特務機関&右翼人脈と戦後の未解決事件! (別冊宝島Real (070))謀略の昭和裏面史―特務機関&右翼人脈と戦後の未解決事件! (別冊宝島Real (070))
(2006/02)
黒井 文太郎

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

富士総合火力演習に行って来ます(動画)
先日、自衛官募集相談員に委嘱され、その関係で今週末に行われる陸上自衛隊の富士総合火力演習を視察する機会を頂きました。
明日から泊りがけで行って来ます。



私は自衛官時代に一度行ったことがあるのですが、あれから既に20年が経っていますので、じっくり見学して来ようと思っています。

装備や演習状況は勿論、それ以外にも、演習を支える隊員や、一般入場者にも注目するつもりです。

隊員側から見た映像もありましたので、是非ご覧下さい。
凄い迫力です。







皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


陸上自衛隊の機甲部隊―装備車両&マーキング陸上自衛隊の機甲部隊―装備車両&マーキング
(2006/05)
浪江 俊明

商品詳細を見る


戦車パーフェクトBOOK―ティーガー、パンターから最新ミサイルシステムまで591 (コスモブックス)戦車パーフェクトBOOK―ティーガー、パンターから最新ミサイルシステムまで591 (コスモブックス)
(2009/07)
鮎川 置太郎谷井 成章

商品詳細を見る


陸上自衛隊 空挺レンジャー [DVD]陸上自衛隊 空挺レンジャー [DVD]
(2006/03/24)
ミリタリー

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

体験航海で護衛艦「ひえい」に乗船
先日、海上自衛隊の体験航海に参加させて頂き、護衛艦「ひえい」に乗って来ました。

艦名の「ひえい」は、京都の比叡山に因んで命名されたもので、「ひえい」と命名された艦は旧海軍時代に2艦存在し、この艦で3代目になります。

Hiei1


艦種:護衛艦
基準排水量:5,050トン
長さ:153.0メートル
幅:17.5メートル
深さ:11.0メートル
喫水:5.1メートル
速力:31ノット
出力:70,000馬力
主要機関:2胴衝動式シリーズ
       パラレル型タービン×2基
       D型ボイラ(圧力60kg/cm2 温度480℃)
特殊装置:ヘリコプター搭載装置一式
       フィン式減揺装置一式

主要兵器:54口径5インチ単装速射砲×2基
       高性能20mm機関砲×2基
       アスロックランチャー×1基
       3連装短魚雷発射管×2基
       シースパローミサイル×1基
       ヘリコプター(SH-60J)×3基

Hiei2

勿論、立入禁止の場所も多くありましたが、艦の内部にも入ることが出来ました。
護衛艦とはいえ、内部は潜水艦のように狭いことにも驚きました。


しかし、一般民間人向けの体験航海とはいえ、だらだらした態度で勤務についていた海上自衛官(特に若手)には残念に思いました。

私も自衛官時代、一般人が入場する基地祭などでイライラしたり、面倒に感じることはありましたし、暑い夏の日に立ちっぱなしで挨拶をしなければならないのも大変ですから、気持ちは分かります。

しかし、こういう場面でこそ、「さすが自衛官は偉い!」と思わせる態度を見せて頂きたかったですね。

幹部や曹長クラスの方々はサービス精神旺盛で、記念撮影に応じたり、ユーモアを交えて装備品の説明をして下さっていましたから、余計に差が目立ってしまいました。


本当は、将来自衛隊に入隊するかも知れない若者のためのイベントだったと思いますが、多くの方が自衛隊の勤務を理解するために、このようなイベントは有益だと思います。

このイベントは基本的に、地方協力本部に参加申込みをして、応募者多数の場合は抽選だった筈ですが、中国籍の人まで参加していたことには、不満を覚えます。
重要な情報を奪われる恐れは無くとも、気軽に外国人を参加させるべきではないと考えます。


皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。


スーパービジュアルガイド海上自衛隊 (双葉社スーパームック)スーパービジュアルガイド海上自衛隊 (双葉社スーパームック)
(2008/07)
不明

商品詳細を見る


自衛隊が世界一弱い38の理由―元エース潜水艦長の告発自衛隊が世界一弱い38の理由―元エース潜水艦長の告発
(2009/05)
中村 秀樹

商品詳細を見る


世界の「戦艦・空母」がよくわかる本 (PHP文庫)世界の「戦艦・空母」がよくわかる本 (PHP文庫)
(2009/02/03)
株式会社レッカ社

商品詳細を見る




ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

最近読んだ本を紹介します
まだ中国出張による身体的・精神的疲労は完全には回復していないのですが、約半月の間、本に飢えていたものですから、この数日内に買い込み、時間を見つけては読書に没頭しています。

読み終えていないものもありますが、今回購入したものの中から何冊かをご紹介します。


大日本帝国満州特務機関 (扶桑社ムック SPA!コミック)大日本帝国満州特務機関 (扶桑社ムック SPA!コミック)
(2009/07/28)
黒井 文太郎

商品詳細を見る


私が学生時代から興味を持っている満州における諜報を漫画の形でまとめた一冊。
川島芳子、土肥原賢治、石原莞爾、甘粕正彦などが登場しますが、人物の描かれ方が少し違うかな・・?とも感じます。
関心を持ち始めた人が、当時の時代背景や人物関係の概略を把握するには良いと思います。


ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論ゴーマニズム宣言SPECIAL天皇論
(2009/06/04)
小林 よしのり

商品詳細を見る


漫画ながら内容の濃さに圧倒されました。
文字の多さと小林氏の絵に抵抗のある人も多いと聞いたことがありますが、この一冊は是非読んで頂きたいと思います。
如何に今の日本がおかしな方向に進みつつあるかも、よく分かります。


兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)兵法三十六計―現実に立脚せよ‐勝ち残りの戦略戦術 (知的生きかた文庫)
(2004/06)
守屋 洋

商品詳細を見る


兵法については実に多くの本が出版されており、私も過去に数冊読んだことがありますが、「ビジネスに応用する」というスタイルが多いのが残念です。
この本もそのような利用法が可能ですが、36の策一つ一つが定義と事例ですっきりまとまっており、記憶するための本として優れていると思うのでおすすめです。


MAMOR (マモル) 2009年 10月号 [雑誌]MAMOR (マモル) 2009年 10月号 [雑誌]
(2009/08/21)
不明

商品詳細を見る


毎月購読している雑誌です。
今号では、「自衛隊の営業部隊」である地方協力本部の特集が組まれており、最近募集事務所の方と密なお付き合いをさせて頂いている私としては、大変参考になる内容でした。


SAPIO (サピオ) 2009年 8/26号 [雑誌]SAPIO (サピオ) 2009年 8/26号 [雑誌]
(2009/08/05)
不明

商品詳細を見る


毎号面白い特集が組まれていますが、今号も興味深い記事が多いですね。
識者50人に聞いた「日本史上最強の外交英雄は誰か」というアンケートの結果に、私が興味を抱いている明治天皇、新渡戸稲造、空海も入っていました。
「歴史は繰り返す」と言いますが、今こそ私たちは先人から学び、能力を高め、総合的な国力を向上させなければならないと考えています。



皆さんからの応援メッセージやご意見を、心からお待ちしています。
こちらのメールフォームから、どんどんお寄せ下さい。



ブログランキングバナー

にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・安全保障へ
にほんブログ村


テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。